新闻

ホットランナーシステムでの使用に適しているのはどのような種類の材料ですか?

数ブラウズ:0     著者:サイトエディタ     公開された: 2023-08-22      起源:パワード

溶融プラスチックが複雑なチャネルを繊細に流れる精密射出成形プロセスを想像してみてください。このシームレスな操作は、材料の流れを最適化し、無駄を最小限に抑えるホット ランナー システムの効率によるところが大きいです。しかし、どのような種類の材料がこの用途に最適であるか考えたことはありますか? 高度な射出成形セットアップ?優れた結果を達成するには、材料とホット ランナー システム間の互換性が不可欠です。ホット ランナー システムとシームレスに統合される多様な材料と、それらが理想的な選択肢である理由を探ってみましょう。


ホットランナーシステムノズル


選択のコツ: ホット ランナー システムと互換性のある材料の選択


膨大な数の素材の中から ava射出成形に適していますが、ホット ランナー システムとの互換性に関して優れた製品もあります。 一貫した高品質の成形には、ホット ランナー セットアップ内の温度、流量、冷却を効率的に管理することが重要です。汎用プラスチックからエンジニアリング樹脂まで、それぞれの材料が独自の利点をもたらします。ホット ランナー システムに最適な材料の種類を詳しく見てみましょう。



熱可塑性プラスチック: 多用途のチャンピオン


1. ポリプロピレン (PP):

ポリプロピレンは優れた流動特性を備えた多用途の熱可塑性プラスチックであり、ホット ランナー システムとの互換性が高くなります。溶融粘度が低いため、流れの不均衡や過剰な圧力を引き起こすことなく、狭いチャネルを簡単に通過できます。PP は優れた成形性を示し、複雑なキャビティを正確に充填することができます。高い耐衝撃性と良好な化学的安定性により、包装、自動車部品、消費財などのさまざまな用途への適合性がさらに高まります。


2. ポリエチレン (PE):

優れた靭性と柔軟性で知られるポリエチレンも、ホット ランナー システムに適した熱可塑性プラスチックです。粘度が比較的低いため、複雑な金型設計でもホット ランナー チャネル内のスムーズな流れが保証されます。PE の多用途性は、耐久性と加工の容易さが不可欠​​なさまざまな容器、パイプ、おもちゃの製造など、さまざまな用途に広がっています。


3. ポリスチレン (PS):

広く使用されている汎用プラスチックであるポリスチレンは、加工のしやすさと透明性が高く評価されており、包装、使い捨てカトラリー、医療機器などの製品に好まれる素材となっています。粘度が低いため、溶融するとホット ランナー チャネルをシームレスに流れることができ、正確で視覚的に魅力的な成形部品が作成されます。射出後すぐに固化する能力によりサイクルタイムの短縮に貢献し、大量生産に効率的な選択肢となります。


4. アクリロニトリルブタジエンスチレン (ABS):

ABS は強度、耐衝撃性、寸法安定性の優れた組み合わせを備えているため、自動車業界の内装および外装部品として人気があります。通常 220°C ~ 260°C の高い処理温度を処理できるため、ホット ランナー システムと互換性があります。ABS は優れた流動性を示し、流動関連の問題を引き起こすことなく複雑な金型に充填できます。


5. ポリアミド (PA) またはナイロン:

ナイロンは、優れた機械的特性、高い耐熱性、低い摩擦係数で知られています。これらの特性により、摩耗しやすい可動部品やコンポーネントを含む用途に適しています。ナイロンは溶融状態でスムーズに流れる能力があるため、ホット ランナー チャネルを難なく通過でき、複雑で耐久性のある部品の作成を促進します。



エンジニアリング樹脂: 高性能、高い需要


1. ポリカーボネート (PC):

ポリカーボネートは、優れた靭性と光学的透明性を示す高性能エンジニアリング樹脂です。自動車部品、電子ハウジング、安全装置など、耐衝撃性が必要な用途に適した材料です。PC はホット ランナー システム内で、たとえ薄肉の部分であっても容易に流動できるため、複雑で耐久性のある部品の作成が可能になります。熱たわみ温度が高いため、高温にさらされる必要がある用途に適しています。


2. ポリオキシメチレン (POM) またはデルリン:

デルリンは、優れた機械的特性、低摩擦、高い寸法安定性を備えたエンジニアリング熱可塑性プラスチックです。ギアやベアリングなどの摺動部品を伴う用途によく使用されます。デルリンは溶融状態での粘度が低いため、ホット ランナー システム内でのスムーズな流れが可能になり、成形部品の精度が保証されます。高い結晶化度と寸法安定性により、厳しい公差と一貫した性能を必要とする用途に最適です。


3. ポリフェニレンサルファイド (PPS):

PPS は、優れた耐薬品性と耐熱性で知られる高性能熱可塑性プラスチックです。高性能の要求が重要となる自動車、航空宇宙、電気産業に応用されています。PPS は、通常 280°C ~ 320°C の高い処理温度に耐えられるため、ホット ランナー システムと互換性があります。高い流動性により、金型に均一に充填され、一貫した部品寸法が得られます。



その他の考慮事項


ホット ランナー システムの材料を選択する場合、部品の設計、金型の複雑さ、生産要件など、他のいくつかの要素が考慮されます。射出成形プロセスを最適化するには、材料の適合性と併せてこれらの要素を考慮することが不可欠です。



結論


結論として、射出成形で優れた結果を達成するには、ホット ランナー システムと互換性のある適切な材料を選択することが重要です。PP、PE、PS、ABS、ナイロンなどの熱可塑性プラスチックは、多用途性とホット ランナー チャネルを通過する容易さを提供し、さまざまな用途にとって理想的な選択肢となります。高性能の要求に応えるために、PC、デルリン、PPS などのエンジニアリング樹脂は優れた機械的特性と流動性を実現し、成形部品の精度と耐久性を保証します。これらの材料の固有の特性を理解し、その他の関連要因を考慮することで、メーカーはホット ランナー システムの可能性を最大限に活用し、シームレスな射出成形の技術を解き放つことができます。




製品 >

私たちについて >

クイック リンク >

お問い合わせ >

東莞 Shengqi 精密金型継手有限公司
広東省東莞市長安鎮金夏河南工業区金生路6号
jasonwong@dgshengqi.com
+8613662919880
著作権 © 2010-2021 GDongguan Shengqi Precision Mold Parts Co. ,Ltd.広東省のすべての権利を留保します 粤ICP备11065584号
技術サポート: モランネットワーク